海外駐在、アメリカ生活

WISE CHASEからの日本の銀行へ送金

以前、UnionBankから三井住友銀行への送付をしてみましたが、今回はCHASEから送金してみましたので送金の流れと、かかった日数について紹介していきます。

CHASEからの送金手続き


CHASEとの連携操作を除いて基本的にはUnionBankから送金する方法と同じです。

1)まずはログインし、送金元、先の通貨を選択して送金金額を入力します。

2)送金先の情報を入れます。
日本の口座を選択し、受取人を「自分自身」にします。

送金詳細画面が出てくるので内容を確認して、「確認して実行」を選択します。

3)WISEへの送金方法を選択します。一番安いACHを選択します。

続いて、口座を選択します。
CHASEの口座はまだ登録していないので、「別の口座を利用する」を選択します。

4)口座の接続設定をします。「即座の認証」を選択して続行します。
※CHASEの場合は即座の認証で接続できます。

CHASEを選択します。

続いて表示されるウィンドウは「Continue」を選択します。


5)CHASEのサインイン画面が表示されてくるので、サインインします。

6)2段階認証のオプションを選んで、コードを確認します。
「Contact me in a different way」でテキストで送ってもらえば、電話を受け取らなくて済みます。

すぐテキストが送られてくるので、確認したコードを入力します。

7)次とその次の画面は「Next」で進めます。


8)この画面で連携させるものを選択します。自分の口座「TOTAL CHECKING」を選択してください。

9)Review画面で確認し、間違えなければ「Connect my account」を選択します。

この画面が出てきたら連携作業は完了です。

10)その後、口座選択画面に戻ります。
連携された口座が表示されるので、選択して「****.**USDの支払いを承認」を選択します。

11)これで送金処理は完了です。

かかった日数

たった1日でした。アメリカだけの処理で言うとworking hourで1時間以内に処理されていました。やっぱり、即座の認証だと早いですね。
日本の口座にも翌日には入金されていました。

手続き中にレートが変わってしまうんじゃないかと心配している方、「即座の認証」ができればにすぐ処理されるのでレートが変わってしまう心配もありません。
気になっている方はぜひ試してみてください。

WISE アメリカから日本へ安く送金する方法「帰任が近くなってきた」、「円安が進んできた」などで日本への送金について考えていませんか?送金手数料がおえられると話題のWiseについて、実際にUnionBank⇒三井住友銀行に送金してみたのでやり方を紹介します。...