海外駐在、アメリカ生活

WISEアメリカから日本へ送金 日本在住者の場合#2

#1ではWISEでUSDの口座開設まで説明しましたので、続いて

・WISE口座への入金
・WISE口座から日本の口座へ入金

について説明していきます。
Wise HP


WISE口座への入金 CHASE→WISE

現地口座として私の利用しているCHASEからの送金方法を紹介していきます。細かい操作は違うと思いますが他の銀行でも基本的にやることは同じなので参考にしてください。他の方法もあるかもしれませんが、CHASEオンラインからだとWire transferしかできなかったので今回はこの方法で紹介します。

送金先アカウントの登録

まずはWISEの口座を送金先アカウントとして登録します。
WISEの「管理」から残高の口座情報を開いてUSD口座の情報を確認してください。この口座を振込口座として登録します。


1) CHASEのホームページにログインして、送金元のアカウントを開きます。


2) 「Pay & Transfer」から「Wire & global transfers」を選択します。


3) Send moneyのタブ内にある「Add recipient」を選択します。


4) 二段階認証の方法選択画面が表示されるので、認証方法を選択します。
私の場合はText or Voiceと表示されているのにVoiceしか表示されなかったのでVoiceで行いました。Voiceにコードを確認したら、画面に入力してください。
※事前に登録している連絡先を現在(日本)のものへ変更しておく必要があります。変更していなければ二段階認証が行えません。

Voiceについて
これを選択すると電話が掛かってきます。
私の場合は最初はうんともすんとも言わず、再度コードを要求したら電話が鳴りました。1度では電話が掛かってこないこともありますので何度か試してください。
電話は自動ガイダンスでコードを教えくれます。まず「#」を押してコードを聞き取りましょう。1回で聞き取れなくても大丈夫です。もう一度「#」を押すともう一度聞けます。

5) WISE口座のrouting numberを入力します。


6) 続いてaccount numberを入力します。


7) 受取者(本人)の住所を入力します。
ここは日本の住所で問題ないです。


8) 最後、確認画面に問題なければ「Add recipient」を選択します。


9) これで送金先アカウントの登録が完了です。




送金手続き

1) 「Pay & Transfer」から「Wire & global transfers」を選択します。
先ほど追加登録したアカウントが表示されてくるので、そこの「Send money」を選択します。
※ここで表示されなくてもDomesticのタブに切り替えると表示されるはずです。


2) 送金額を入力して、「Next」を選択。
ここでは$1,000を入力しています。
※平日の4時前なら同日処理されます。

3) 送金内容を確認します。問題なければ「Schedule wire」を押します。

4) もう一度確認のメッセージがでてきますので、「OK」を押します。

5) 最後に二段階認証の画面がでてきますので、Voiceを選択して「Next」を押します。
Voiceで認証コードを聞いたら、画面に入力してください。

6) これでようやくWISE口座への送金処理完了です。

入金が確認されるとWISEのページから確認することができます。

しっかり入金の手数料$4.14USD引かれています。




WISEから日本の口座へ送金(三井住友銀行)

今回はすでにWISEに登録済の口座に送金を行います。まだ登録していない場合はこの際に登録できます。

1) WISEのホーム画面から「送金」を選択します。


2) 送金元としてWise残高にあるUSDの口座を選択します。


3) 送金金額を指定して「続行」を選択します。
今回は残高全額を送金します。


4) 送金先を指定します。
今回はすでに登録済の日本の口座(三井住友銀行)へ送金します。


5) 送金目的をリストから選択します。
私は毎月の生活費としました。


6) 送金詳細画面が表示されるので送金内容を確認します。
確認ができたら「確認して送金する」を選択します。


7) 利用規約の同意画面が表示されます。内容を確認して「同意する」を選択します。


8) この後、一瞬送金確認の画面が表示され、パスワード入力画面が表示されますので入力します。


9) これで送金手続きは完了です。


手続き後はWiseの「取引」から詳細を確認することができます。

まとめ

実際にやってみて、手続き自体は特につまづくことはなかったですが、ちょっと面倒です。
ただ、これからも何度か送金するという方はこの手続きは必須なので早いうちにやっておくのがおすすめです。

今回手続き中に円高(136円→129円)が進み、狙っていたタイミングでドル円換金ができなかったので、早めに手続きしておけば・・・と少し後悔しています。

手数料に関しては、まだ銀行手数料よりは安い印象ですが、あまり差は無いと思います。
これまでは手数料が安いという印象が強かったので非常に残念です。
ただ、狙ったタイミング(レート)で送金できるのはメリットなのでこれからも使っていくつもりです。

WISEアメリカから日本へ送金 日本在住者の場合#1日本に帰国後、WISEでアメリカから送金をしようと思ったら、これまでのように簡単にできなくて面倒になってしまった方はいませんか?実は日本在住者の場合はWISE口座を開設して一度入金後に送金という手間がかかる為、非常に面倒くさくなってしまっています。そんなこともあって帰国後、なかなか手をつけられずにいましたがようやく重い腰を上げで手続きをしてみましたので、やり方について紹介していきます。...