海外駐在、アメリカ生活

海外赴任時に持っていくものおすすめNo.1【ホームベーカリー】

赴任時に持っていくものおすすめNo.1 ホームベーカリーについて紹介します。

アメリカのパン事情

アメリカのパンはおいしくない

(個人の感想です)
アメリカのスーパーで一般的に売っているパンは防腐剤の影響なのか少し酸味を感じるような味+匂いがします。
何度かサンドイッチやハンバーガー用に購入してみたものの私にはダメでした。たまに食べる分には我慢できそうですが、普段朝食などで食べようという気にはなれませんでした。

アンパンが食べたい

そんなパンを食べているとやっぱり日本のパンが食べたくなるんですよね。
日本ではほとんどアンパンなんて食べていなかったのに何ででしょうね。

日本食スーパーでは日本のパンを売っていますので、そこでアンパンも買えます。だいたい日本の値段の2~3倍ぐらいでしょうか。
そう簡単に何個も買えないので半年に1回くらいしか買えません。

ホームベーカリーを買う理由

自分の好きなパンが食べられる

これが最大のメリットですね。変な匂いはしないし、日本のパンとほぼ同じものが食べられます。

とは言ったものの、作ってくれているのは奥さんなのでそのおかげで食べられているだけです(;’∀’)
家ではシンプルな丸パンからアンパン、食パン、メロンパン、ぶどうパンなど作ってもらっています。

最初は手探りで分量の調整をしていましたが、一度いい配合を見つけてしまえば、その後はいろいろアレンジできるみたいです。
あんこは日本食スーパーに売っていますので、作らなくても簡単にできます。(もちろん小豆も売っているので自分でつくることもできます)

お餅が食べられる

ホームベーカリーって餅つき機能がありますよね。それでお餅がつくれちゃいます。
渡米前は餅米なんか簡単に手に入らないと思っていましたが、アジアンスーパーならだいたい売っています。
年に数回作っては食べています。

ピザ生地づくりにも

ピザ生地づくりもできます。もちろんその他、うどんやそばなんかもできます。
アメリカの家にはだいたい大きなオーブンが付いているので簡単にピザもつくれます。
我が家も子供と一緒に何度かつくりました。結構楽しいです。

赴任時に持っていく理由

現地調達する場合
渡米した後に現地で購入しようと思うとだいたい+$100くらいします。
また、日本のように販売している種類は少ないので気に入ったものが手に入らないかもしれません。

私の場合、日本で購入してこなかったので転送サービスを使えば日本で売っているものをものを買いました。日本で買ってくるのを忘れたという方は転送サービスの利用も考えてみるのもありだと思います。
送料も$100以下だったので現地で購入するより安く済むこともありますし、好きなメーカーのものを購入できます。
あとはアマゾンでも海外発送対応している商品なら転送サービスを利用しなくても取り寄せられます。

私が買ったホームベーカリー

シロカ SHB-712
機能も十分。2年くらい使っていますが一度も故障していないです。やっぱり日本メーカーの物は安心できます。

画像流用元:amazon

まとめ

私も赴任前に持っていった方がいいという話は聞いていましたが、実際にそこまでメリットがあるとは感じられず日本で購入はしませんでした。

でも、今ではかなり重宝していて日本から持ってきたもので一番良かったものになっています。私も駐在後に購入したので送料がかかりましたが、頻繁に使っているので十分元と取っていると思います。

なので、渡米後に買ったとしても十分元が取れると思いますのでぜひ検討してみてください。

海外発送代行サービス使って、日本で購入した商品をアメリカに転送してみた日本のものを買って駐在先、留学先に発送したいけど、日本の家族や友人に頼るにも気が引けるなぁと悩んでいませんか?海外発送代行サービスを使えば簡単に送ることができます。今回は実際に海外発送してみた経験を踏まえて海外発送代行サービスについて紹介します。...
アメリカで薄切り肉を食べる方法久しぶりにしゃぶしゃぶや牛丼を食べたいと思いませんか?アメリカではなかなか売っていない薄切り肉、これがないとできない日本の料理って結構ありますよね。今回はそんな方にアメリカで薄切り肉をゲットする方法について紹介します。...
安い!でもおいしいアメリカのお米日本人なら買わない訳にはいかないお米。かといって、あまりお金はかけられないという方にお勧めのアメリカのお米を紹介します。...