海外駐在、アメリカ生活

【アメリカ駐在】帰国時の銀行口座どうする?

皆さん、帰国時の銀行口座どうしようと考えていますか?

アメリカで口座を維持をすれば、米国での資産運用や将来的にアメリカに来る際にドルで支払いができるのでドルを有効に使うことができます。
ですが、その一方で日本で資金が必要になった場合に送金手続きや、解約の手続きを現地と英語で対応できるかどうか心配ですよね。

今回はそれぞれのメリット、デメリットをまとめて、おすすめの方法を紹介します。

アメリカで口座維持する場合のメリット、デメリット

まずは口座を残す場合のメリット、デメリットを考えてみましょう。

メリット ・帰国後に発生する支払いにも対応できる。
・日本に送金する場合、為替のレートを見て円に換えられる。
・海外出張や旅行の際にドルでの支払いができる。
(為替手数料が発生しない)
・米国での投資口座として利用できる。
・資産を日米で分散できる。
・将来、子供が留学などでアメリカに行くことになった場合に
留学資金として使用できる。
デメリット ・解約する際に直接窓口に行かなければいけない場合がある。
(日本に帰国していたら解約する為にアメリカに来なければいけない)
・何かトラブルが起きた場合にも英語でのやりとりが必要。
・預金額が一定金額以下になると維持手数料が発生する。
(知らずに放置していると徐々に預金が減っていく)
・一定期間何もせず放置すると休眠口座になり口座がロックされる。
・日本でお金が必要になった場合に送金など手続きに時間と手間がかかる。
・米国での住所登録が必要な場合がある。

いろいろメリットはありますが、管理するには少し手間がかかります。
また、放置していたら預金額が減っていた、、、とういうことも起きる可能性があります。

口座を解約する場合のメリット、デメリット

では次に口座を解約した場合も考えてみましょう。

メリット ・日本で資産をまとめられる。
(管理が容易で手続きにかかる時間や手間が少ない。)
・米国の資産に対して確定申告の心配をする必要がない
・維持手数料を考えなくても良い。
・米国での登録住所など気にしなくても良い。
デメリット ・日本へ送金時、その時のレートで換算されてしまう。
・送金時に為替手数料、送金手数料が発生する。
・帰国後に発生する支払いなどの対応を考える必要がある。
(知人や同僚に対応してもらうなど協力が必要)

通常は解約を考える人が多いのではないかと思います。
実際には帰国時には解約できないケースが多いので知人や同僚とJoint口座にして帰国後に解約してもらうなどする方も多いのではないでしょうか。
資産が近く(日本)にあって、いつでも動かせるというのはやっぱり安心ですよね。

どっちがいい?

アメリカで資産を持ちたいという意思が強い方は、口座を残した方がいいですね。
資産運用する方には必須ですし、今後の出張や旅行の際にもドルで払えば、ドルを有効にお金を使うことができます。
アメリカに口座を持っているという意識があるので、維持手数料が発生するような状況になる前に何かしら手を打つことができると思います。

何となく残そうかなぁと考えているであれば解約することをおすすめします。
意思が弱いと放置してしまう(最悪存在すら忘れてしまう)可能性がありますので、気づいたときには口座維持手数料で残高が無くなってしまうこともあり得ます。
また、あとで解約しようと思っても現地窓口に行かなければいけなかったり、英語がハードルになって解約できずにいれば、せっかく貯めたお金も使うことができません。

デメリットを解消する方法はあるのか

解約の手続きが簡単で、好きなタイミングで解約できるなど管理が簡単だとしたらどちら方にもメリットになりますよね。

実際、オンラインで口座管理ができて、解約も電話でできるという銀行はあります。
Union Bank, City Bank, Chaseなどで対応ができるそうです。
一度、使っている銀行が対応できるかどうか確認してみてください。

口座を維持したい人にとっては、オンラインで口座の管理ができるので帰国後も安心して維持することができます。

解約したいという方も帰国前にその口座に資金を入れておいて、支払い先に設定しておけば帰国後の支払いに困ることもありません。
また、日本への送金、解約のタイミングもはかれるのでデメリットは解消できます。

私が選んだ方法


画像流用元:Unionbank HP
私の場合は帰国前にユニオンバンクの口座開設しました。
他にも日本から各種手続き、解約ができる銀行はありますが、やっぱり日本人専用のサービスがあるというのいいですよね。安心できます。
オンラインの手続きや電話(もちろん日本語)での手続き、解約ができることが選んだ理由です。

知ってる方も多いと思います。日本から口座開設できる銀行として有名ですからね。渡米前に作った方も多いと思います。

ちなみに私の場合、会社指定の銀行(Chase)で開設していました。
ユニオンバンクの支店が無い地域だったのでキャッシュの引き出しなどの利便性を考えると、赴任当初はメリットをあまり感じていませんでした。
ただ、帰国後を考えた時には便利だと思いますので、まだ口座を持っていない方におすすめします。

ユニオンバンクのサービス概要(Checking Account)
・米国赴任前に口座開設できる。
・渡米後すぐにカードで現金を引き出せる。
(家の賃貸費用や、車の購入費用に使える)
・日本語の電話サポートサービスがある
・帰国後も電話で解約できる。
・オンラインで口座管理可能
口座維持管理手数料
残高明細
オンライン:$8/月
郵送:$10/月
※口座維持管理手数料無料になる条件
月間平均残高が$1,500以上
毎月の1回入金が$250以上の給与振り込み設定

休眠口座になる条件
口座の籍がある州法によって変わるのでHPにも期間がはっきり書かれていません。正確には直接問合せをしてもらう必要がありますが、12か月~となっているようですので、1年に1回は送金などをしてお金を動かす必要があります。

【アメリカ駐在】Union Bankで口座開設そろそろ帰国のタイミングになったけど、銀行口座をどうしようかと悩んでいる方、 アメリカに銀行口座を残していきたいけど、帰国後の手続きが簡単な銀行に切り替えたいという方へ おすすめのUnion Bankで実際に帰国前に口座開設をした手順を紹介します。...